So-net無料ブログ作成
水耕栽培 ブログトップ

1号、2号と言えば・・・ [水耕栽培]

1号・2号と言えば、仮面ライダーを連想しますが、こちらは5号もいます。
何だかわかりますか?
DSC_3255.JPG

正解は、大塚ハウスの水耕栽培用肥料の濃縮液です。
本屋さんで水耕栽培の本を見つけて、簡単に出来そうだったので挑戦することにしました。
水耕栽培で有名な『いつでもレタス』さんの栽培方法を参考に、肥料以外は全て百均で揃えました。
・毛布洗い専用ネット(ダイソーさん)  ・・・円形型で、50cm×38cmです。
・メッシュボックス(セリアさん)      ・・・ランドリーバッグという名前でもあるらしいです。
・水切りカゴとトレイ(セリアさん)     ・・・深型角かごで、28.5cm×22.5cm×8.5cmです。
・スポンジ(ダイソーさん)         ・・・汚れ落としのメラニンスポンジです。
・種(ダイソーさん)             ・・・葉物の種です。
DSC_3252.JPG



(1)栽培用ネットを作ります。
折りたたまれているメッシュボックス(ランドリーバッグ)を開いて、写真のようにカッター・はさみで丸く穴を開けます。
穴を開けたら、折りたたんで洗濯ネットの中に入れて、穴を開けた側は、ファスナー側になるようにしてもう一度開きます。
DSC_3266.JPG
DSC_3278.JPG

(2)濃縮液を用意します。
水耕栽培用の肥料では、『ハイポニカ』が有名らしいですが、本も出版している方がヤフオクで送料無料500円くらいで出品していたので、そちらから大塚ハウスの肥料を購入しました。ヤフオク出品 
濃縮液は、500mlのペットボトルに作ります。
1号 75g/500cc 、2号 50g/500cc、5号 2g/100cc 

(3)種を撒きます。
濃縮液からEC1.3(1Lに1号濃縮液5cc、2号濃縮液5cc)に薄めた液を用意します。
スポンジをカッターでH字に切れ込みを入れます。
スポンジを水切りかごに並べて、薄めた液を浸します。(スポンジは手で押して空気を抜くそうです。)
スポンジの上に種を置いていきます。(水を含ませて竹串などで置くみたいですが、私はピンセットでおきました)
あとは乾かさないように、ティッスペーパーをかぶせました。DSC_3286.JPG

(4)成長を待ちます。
屋外の棚で1週間したらこのくらいに成長しました。
DSC_3372.JPG

オークションの方は、砂を使いますので、そちらも試してます。(芽はブロッコリーです。)
DSC_3376.JPG



nice!(14)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
水耕栽培 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。